電動モーター検査ツールで診断するステーターのゆるみ

最初の調査結果

石油化学プラントの気相重合工程後のガス温度を冷却するための6.6kVモーターに異常症状が発生した。 ある技術者が振動試験を行ったところ、異常な振動に気づいた。 無負荷で別のテストを行ったが、異常振動は残っていた。 振動の根本的な原因はまだ特定されていない。 タイのバンコクにあるInstrument Resource Co.のチームに連絡し、異常振動の原因を特定するためにモーターをさらに調査してもらった。

モーター回路解析™(MCA™)は、ALL-TEST PRO 7 PROFESSIONAL™を使用して実施した。 一連のテストを行うことで、AT7™はDYNテスト機能を実行した後に問題を特定しました。 この特定のテストは、ステーターとローターの完全性と健全性を確認するために設計されています。 このテストでは、モーターシャフトを回転させる必要がある。 ALL TEST Proの特許であるダイナミック・ステーターとローターのシグネチャー・テストにより、ダイナミック・ステーターのシグネチャーにアンバランスがあることが判明しました。

動的シグネチャー分析

緑の線はステーター・シグネチャーで、各相の回転中の平均値の偏差を表す。 2本の黒い点線はローター・シグネチャーを表し、アッパーとロワーのシグネチャーが含まれる。

モーターは分解された。 ステータースロットウェッジの緩みが見つかった。 これらの緩んだステーター・スロットは、ダイナミック・ステーター・シグネチャーの過度の振動とアンバランスの原因となっていました。

モーターが修理され、再び組み立てられた後、AT7™で別のテストが行われた。 その後のテストでは、ダイナミック・ステーター・シグネチャーのアンバランスがなくなり、ステーターの健康状態が良好であることが示された。

ALL-TEST Pro, LLC.について

ALL-TEST Proは、革新的な診断ツール、ソフトウェア、サポートにより、真のモーターメンテナンスとトラブルシューティングをお約束します。 ALL-TEST Proのすべての製品は、比類ないモータ試験の専門知識によって支えられています。

READ MORE

ギアボックスモータの電流シグネチャ解析

はじめに

ALL-TEST PRO™ OL (ATPOL)モーター電流シグネチャーアナライザーを使用して、7.5馬力、1750 RPM、575 Vacモーターとギアボックスの騒音と振動を調査しました。 1分足らずのデータで必要な情報が得られた。 ローターバー、ステータースロット、ベアリング情報、ギアの数は不明。 情報が不足していても、ATPOLがすぐに故障箇所を特定するのに支障はなかった。

考察 軽負荷にもかかわらず、ATPOLは鋳巣(図1)、ステーターの電気的欠陥(図2)、ギアの問題を自動的に特定し、ローターバー(48本)とステータースロット(36本)の数を特定した。

図3は、ATPOLソフトウェアに表示される自動解析表示である。

オールテスト・プロ™ MDキット

ALL-TEST PRO™ MDキットは、以下の内容で構成されています:

  • ALL-TEST PRO™ OLモータ電流シグネチャアナライザ
  • ALL-TEST PRO™ 31およびALL-TEST IV PRO™ 2000モーター回路アナライザ
  • EMCATモーター管理ソフトウェア
  • EMCAT用ATPOLおよびPower System Managerソフトウェアモジュール
READ MORE